信玉園

信玉園の歴史は、明治後期よりぶどうの栽培を始めたところからでした。昭和26年夏に、観光ぶどう園を開園。初代園主、窪田信成の名から、園名は『信玉園』に。現在、3代目と4代目で経営しています。耕作面積は、約1ヘクタール。

開園当初よりアットホームな雰囲気を大切にしているため、10年以上(50年近くになるという人も!)というリピーターさんも多いです。当然のことながら鮮度が大事なので、その日に切り取ったぶどうを陳列・販売。漬物、梅干しのサービスも喜ばれています。

信玉園のおすすめポイント

※現在のサービス状況と異なる場合があります。詳細は農園にお問い合わせください。

フルーツ狩り

食べ放題

通信販売

ふるさと納税

オリジナルワイン

カフェ・食堂併設

バーベキュー場

送迎サービス

ペット同伴

エコファーマー

桃葡桜苺 -もぶさい-管理より

COVID-19による深刻な被害が継続しております。御存知の通り、人と人との接触が感染リスクのある行為となります。山梨のフルーツ観光農園を営まれている方はご高齢の方も多く、万が一感染してしまうと農園の運営ができなくなってしまう恐れもございます。この春、そしてゴールデンウィークから夏にかけて、フルーツ本番の時期ではありますが、通信販売を利用するなど極力、行楽に出かけるなど自粛していただきたく思います。その意味もこめて、当サイトでは当面の間、農園の詳細情報である住所などの情報を非表示とさせていただきます。 何卒ご了承ください。